過失割合

交通事故に重要な過失割合について知っておこう

現代で生活をしていたらいつ自分が加害者・被害者になるかわからない事柄と言えば『交通事故』ではないでしょうか?
色々なものが発展して便利になってきています。それと同時に危険を与えるかもしれないものが身近にあふれているということを知っておきましょう。

当サイトでは現代で頻発する【交通事故】をよりピックアップして詳しいご説明をしていきたいと思っております。

交通事故といってもその内容は多岐にわたります。特に法律などのかかわる部分は言葉も難しく、理解がしにくい部分。
しかし、交通事故が発生すると法律と向き合う必要性が生まれます。いつどこで巻き込まれてしまうかわからないことだからこそ“今”知識を身に着けておくことが必要になってくるかと思います。
このページでは被害者であっても加害者であっても知っておかなくてはならない『過失割合』についてみていきましょう!

過失割合とは何か?

過失割合というのは、交通事故が発生したときに被害を受けた側が、事故を起こした相手に対して損害賠償請求を行う際に見ていかなくてはいけない事柄の一つです。

過失の割合ですので・・・・・・交通事故の発生原因に【加害者・被害者】のどちらに、どれだけの責任があるのかを見なくてはいけません。

交通事故というものは被害者だからと言って一切の悪い点がないと言われることはあり得ません。
どんな交通事故であっても交通事故の検証を行い、双方の責任を追及していく必要が出てきます。
この過失割合は自動車が関係する交通事故に限ったことではありません。
もちろん、「自動車と自動車」「自動車と自転車」「自動車と人」「自転車と自転車」「自転車と人」のように交通事故で起こりうるすべての事柄で過失の割合を見ていかなくてはなりません。
交通事故はどんなことがあっても起きてはならないものです。そのために未然に防ぐルールも規定されています。その中でも起こってしまう事故・・・・・・
防げるはずのものが起こる、これは、どちらかが悪いのではなくお互いに責任感を強く持つ必要があるということになります。

交通事故の被害者・加害者どちらの立場であっても、その事故がおこってしまった事実を真摯に受け止め、双方に責任を認めあう必要があるのです。

過失相殺

交通事故の被害者側になった場合はその事故で被った事柄を損害賠償として金額請求することが可能となっております。この際に金額を決定するのは交通事故で発生した金額のトータルです。

※主に請求できる項目
●治療費(通院費用等)
●休業損害(仕事を休んだ場合)
●後遺症慰謝料(事故によって後遺症が起こった場合)
●逸失利益(事故がなければあったはずの収益)
【自動車と自動車】の事故の場合には物損事故となり事故により破損した物の価値が損害賠償の請求金額に反映されます。

基本的にはこのような点において被害者は損害賠償請求をすることができるとされています。ですが、ここでポイントになるのが先に話した【過失割合】についてです。
交通事故はどちらか一方が100%悪いと断定できるものではありません。過失割合の検証と認識によって損害賠償請求の金額は減額されます。
この過失割合に基づく減額を【過失相殺】と呼びます。

過失割合の原理はわかっていただけるかと思いますが、被害を被った側からすれば全額請求できないのは辛いですよね。
この過失相殺をなるべく避けるのが被害者にとって損害賠償請求のコツになります。
交通事故の示談交渉では、交通事故に精通した弁護士等に相談して交渉を有利に進めれるようにしていきましょう。

過失割合と過失相殺

交通事故において過失割合・過失相殺の事柄は逃れることができません。
ここでは被害者側の立場に立って請求金額の詳細をご紹介いたします。

【過失割合=被害者:加害者】として表現されます。
もし仮に、損害賠償金が100万円の事例があるとします。
請求時に過失割合の数値が出て【被害者:加害者=3:7】となった場合。損害賠償で加害者側へと請求できる金額が70万円に減額されるという仕組みです。

過失の割合は2割や3割。又は、20%や30%といった形で表されます。

損害賠償というのは加害者側からしたらできるだけ減額をしたいものです。
被害者側は過失相殺で自分の割合が増えれば増えるほど請求金額が減ってしまいます。損害賠償を正規の金額請求するためにも、自分に過失があるとされる点の潔白を示すのが重要なポイントとなってきます。

過失相殺の割合を減らすためにもいろいろな知識が必要になってきます。
一般の方からすれば独学には少し無理がある内容となってしまいます。下手に説明をして過失割合を増価させてしまうより、しっかりとした知識を持った交通事故弁護士に相談を投げかけ、対応してもらうのが得策かと思います。

過失割合と過失相殺は交通ルールを認識して責任感を持ってもらうためにはとても重要な制度になります。しかし、金額的な面を減らされてしまうのは被害者側からすれば納得のいかない部分であったりするでしょう。

ですが、感情的になってはいけません。
示談も裁判も話し合いなのです。常に冷静に対応していくことをお忘れないようにしましょう。

TOP