過失割合

過失割合を下げる方法とそれに応じて変わる損害賠償金額について

交通事故に遭遇してしまった場合、『過失割合』という言葉を耳にする機会が増えるかもしれません。ここでは、過失割合のおさらいと過失割合を下げる方法などについてお話していきたいと思います。

過失割合を理解しよう

みなさんは、『過失割合』と聞いてしっかりとどういったものか説明することができますか? きっとほとんどの人は、なかなか上手く説明することができないはずです。やっぱり交通事故自体、そんなにしょっちゅう起こるものでもないですし、過失割合を耳にする機会が少ないからです。ですが、交通事故はいつ起こるかわからないもの。いざという時のために過失割合について知っておくことが大切です。

過失割合のおさらい

簡単に過失割合についておさらいをしておきましょう。過失割合とは、交通事故に遭遇した時、被害者側と加害者側の責任の割合のことを言います。交通事故に遭って、相手側に損害賠償請求をする際は、この過失割合というものが非常に重要となってきます。

交通事故が起こる場合というのは、大抵の場合、どちらか一方に100%責任があるという風にはなりません。当事者双方に何らかの過失があると認められることになります。例えば、自動車と歩行者の事故が起こったとしても、歩行者の過失がゼロになるとは限らないのです。

過失割合は、80%:20%とか60%:40%といったように割合で決められていきます。自分自身に60%の過失割合があるとなれば、交通事故を起こした原因として自分に60%相当の責任があるということになるわけですね。

過失割合を少なくすることが大きな問題

さて、ここから本題に入っていきたいと思います。過失割合に関しては、交通事故の損害賠償請求金額を大きく左右する重要な要素です。なぜかというと、過失割合に応じて、請求できる損害賠償金額が減額したり増額したりするからです。

例えば、自分自身に20%の過失割合があったとしますよね。この場合の計算式は、以下のようになります。

1000万円×(1-0.2)=800万円

つまり800万円の請求ができるということですね。では、次に自分自身の過失割合が50%だったらどうなるでしょうか。計算式は、以下のようになります。

11000万円×(1-0.5)=500万円

これを見ればみなさんお分かりですよね。そう、500万円の請求しかできなくなるということです。このようにたとえ交通事故を起こした当事者たちが同等の障害を負い、また損害を被ったとしても、過失割合によって、請求される損害賠償金額の額は大きく左右されてしまうのです。この過失割合に応じて損害賠償金額が減額されることを『過失相殺』と呼びます。

交通事故の過失相殺

交通事故においては、『過失相殺』というものがあります。そのため、できるだけたくさんの損害賠償金を請求しようと思ったら、さまざまなことを考えなくてはいけません。

例えば、そもそもの損害賠償金額の決め方や自分の過失割合をどうやって少なくするのかということなども問題になってきますね。こういった時に役立つのは、やっぱり交通事故に強い弁護士です。過失割合を少なくするために、弁護士がサポートしてくれます。自分1人では、なかなか難しい話になってしまいます。かなり気力を使う作業になりますから、精神的にも参ってしまいますよね。

でも交通事故に強い弁護士に依頼すれば、自分の代わりに手続き等を進めてくれたり、過失割合の下げるために対処してくれたりするので助かります。しっかりと過失割合、過失相殺について把握した上で、話を進めていくようにしましょう。

TOP