過失割合

自動車における交通事故では過失割合はどう決まるの?

ここでは、自動車事故における過失割合の決まり方についてお話していきたいと思います。自動車による交通事故を起こしてしまった時、自分自身の過失割合がいくらくらいになるのかということをきちんと考えられるかが重要になってきます。

自分の過失割合がいくらになるのかによって、相手に請求できる損害賠償金額が大幅に変わってくるからです。では、この自動車事故における過失割合というのは、誰がどういったやり方で決めているのでしょうか?今回は、過失割合の基準、またその決め方についてお話していきたいと思います。

基本的な過失割合について

過失割合には、基準が設けられているのをご存知でしょうか。交通事故のケースによってそれぞれの基準というものがあります。例えば、同じような事故が発生したとしましょう。それぞれの事故で異なる過失割合だったらどうですか? きっと不公平に感じる人がほとんどだと思います。

そのため、似たような交通事故のケースにおいては、すべて同等の過失割合になるように基準が設けられているのです。あらかじめいくつかのケースごとにおおまかな基準が作られているというわけですね。

過失相殺率の認定基準について

最近では、裁判所や弁護士などの間で『判例タイムズ社』が発行している『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』が幅広く活用されているようです。この認定基準には、自動車同士の事故や自動車と二輪車の事故、また自動車と歩行者の事故とさまざまなケースで分類されています。

さらにその中で信号月交差点で発生した交通事故や直進中の自動車と自動車の事故、三叉路で発生した交通事故など、多種多様な交通事故の態様に合わせて、それぞれの過失割合の基準が記載されているのです。

過失割合について事例で見てみよう

例えば、信号機のない交差点があったとします。そこに自動車Aと自動車Bの交通事故が発生しました。この場合、道路の道幅が同じ交差点だった場合、その事故の態様などによって過失割合は異なってきます。

自動車Aと自動車Bが減速をしなかった場合、自動車Aの過失割合は40%です。つまり自動車Bは、60%の過失割合ということになります。自動車Aと自動車Bが減速した場合も、同じ過失割合になります。

では、自動車Aは減速せず、自動車Bのみが減速した場合、自動車Aが60%で自動車Bが40%ということになります。では反対のパターンだとどうなるのでしょう。自動車Aが減速し、自動車Bが減速しなかった場合は、自動車Aは20%、自動車Bは80%の過失割合になります。

これは、あくまで例ですが、こういった感じでさまざまなケースに応じて過失割合の基準が設けられているのです。この過失相殺率の認定基準をもとに過失割合を決めます。そして過失相殺の処理を行なっていくわけですね。裁判を進めたり弁護士が示談交渉をしたりする上で、この基準がキーになるというわけです。

過失割合はケースバイケース

過失割合には、基準があるという話をしましたが、実際のところはやはりケースバイケースです。例えば、交通事故に遭遇した当事者の1人が脇見運転をしていたとしますよね。この場合は、その当事者の過失割合を高くしなければおかしな話になってしまいます。

もちろん脇見運転に限らず、スピード違反をしていたとか居眠り運転が交通事故の原因だった場合にも過失割合を増やさなくてはなりません。こういった片方の当事者に大きな過失がある場合は、過失がある川の過失割合を上げる必要があるので、基本の過失割合から修正しなければなりません。

この他にも交差点では、速度や道路の道幅、優先道路などいろんな項目から、過失割合は修正されていきます。こういった過失割合の修正が必要になる要素のことを修正要素と呼びます。

このように結局のところ、過失割合はケースバイケースですので、被害者側は、ドライブレコードで運転を記録しておくなどもポイントになってくるでしょう。

TOP