交通事故対応マニュアル

『もしも、自分が交通事故に遭ったら……』普段からこういったことを考えて、車に乗っている人はどれくらいいるでしょうか。基本的に人は、何かが起こってからじゃないと本気で行動に移すことができない場合が多いです。しかし交通事故の場合、事故の程度によっては一分一秒の闘いになる可能性も大いにあります。起こってから『どうすればいいんだ』『どこに連絡をすればいいんだ』と考えていたのであっては、時間だけが刻一刻と過ぎていく一方です。そうならないためには、事前に必要な知識や交通事故に遭った際の対応について知っておくことが大切です。交通事故対応マニュアルを読んで、いざという時に備えておきましょう。

示談で合意に至らなかった場合は交通事故弁護士に相談

交通事故に遭遇してしまった場合、『示談』という形で話が進んでいくことがあります。この交通事故における示談交渉では、被害者と加害者の間で意見や言い分が食い違うことも多々あります。このように被害者と加害者の示談で合意に至らなかった場合、どうなるのでしょうか? 基本的には、調停か裁判へ持ち込まれることになります。この他にも『審査』という方法で解決されることもあります。今回は、この示談で合意に至らな...

この記事を読む
歩行者と信号

交通事故に遭遇! その時あなたが取るべき行動とは~加害者編~

交通事故に遭遇した場合、交通事故の当事者というのは、『加害者』と『被害者』の双方がいます。あなたが加害者なのか被害者なのかによって、取るべき行動は異なってくるでしょう。しかし事故発生時は、冷静さを欠いてしまうこともあるため、加害者・被害者以前に何をどうすればいいのかわからなくなることも珍しくありません。今回は、まず加害者目線から事故発生後に取るべき行動についてまとめてみました。 交通事故加害...

この記事を読む
車がぶつかる様子

交通事故に遭遇!その時あなたが取るべき行動とは~被害者編~

それでは交通事故に合ったときの被害者側でのとるべき行動についてみていきましょう。 もしあなたが交通事故に遭ってしまった方「被害者」の場合、自分は何もわるくない! と思うことでしょう。しかし交通事故が起こると被害者・加害者共に行わないといけない対応が出てきてしまうのでしっかりと覚えておきましょう。 状況の確認 交通事故の規模にもよるのですが、今回のお話では被害者・加害者両方が身動きのできる...

この記事を読む
歩道にとめてある自転車

自転車事故が急増中!? 自転車も車両ということを知っておこう

現代において自転車は都会ほど活発に利用されるようになってきています。 自動車の交通整備は進んでおり事故が起こらないような取り組みが進んできていますよね。 しかし、都会で自動車を持たない人々の交通手段として普及している自転車。この自転車の交通マナーの悪化が現代で問題視されています。 交通事故の状況を見ても自転車乗用中の事故や、自転車との対人事故の報告件数が近年増加をしているというのです。 ...

この記事を読む
TOP