示談交渉

交通事故の示談交渉、状況や相手によっては弁護士へ依頼が必須

まさかの事態にきちんとした備えをしている人はどれくらいいるでしょうか?
普段から車を運転する人は、交通事故を起こしてしまったときの安心のために任意保険へ加入している人が多いでしょう。
では、自分や相手方が任意保険に加入していなかった場合は?

交通事故の示談交渉では「誰が誰と話すのか」ということが非常に重要になってきます。

被害者が直接加害者と話すのか、被害者の保険会社や弁護士が加害者の保険会社や弁護士と話すのか、はたまた被害者本人が相手方の保険会社や弁護士と話すのか。

これ以外にも様々なイレギュラーがあるかと思いますが、ここでは示談交渉の中でも特に注意しなければいけない状況についてお伝えしていきます。

交通事故状況や示談交渉の相手

交通事故を起こしてしまった場合、示談交渉の相手は、「交通事故の当事者」、「保険会社」、「弁護士」の3パターンが考えられます。

それぞれの示談交渉相手によって、どのような違いがあるのでしょうか?
その注意点など知っておきたい

当事者との示談交渉

保険会社に加入していない人と交通事故を起こしてしまったときは、当事者と直接示談交渉をすることになります。

当事者が示談交渉をするのだからと、こちらも弁護士などを入れずに示談交渉に入ってしまうと痛い目をみる可能性があるのが、当事者同士の示談交渉です。

交通事故の示談交渉は、交通事故に関する法律の知識を持っているだけで大きなアドバンテージとなります。
相手方が丸腰のように見えるからといって、こちらも丸腰で臨むのはあまりに無謀といえるでしょう。
交通事故の示談交渉では、自分の過失を減らして相手に過失があることを証明していくことになります。

更に、加害者が任意保険に未加入だった場合にはより一層注意が必要です。

仮にその加害者が、損害賠償金を払えないと言って実際に支払う能力を持っていない場合、当事者同士の示談交渉では、納得いかないが払えないものは仕方ないとなってしまいがちです。

こういった場合、泣き寝入りをして自分の保険で修理をしたり通院したりする方が多いのですがきちんとした手続きを取れば支払う能力がない加害者にも損害賠償を請求することができます。

泣き寝入りをしたくないという方は弁護士に依頼することでそういった手続きを行なってくれますので覚えておきましょう。

保険会社との示談交渉

相手方が任意保険に加入していた場合は、保険会社の担当との示談交渉となります。
示談交渉のプロと素人では言いように丸め込まれてしまいますので、必ずこちらも保険会社に対応してもらうか弁護士に依頼をするようにしましょう。

保険会社にもそれぞれ方針があるのですが、一般的には「事務的な対応」となってしまうことが多いです。過去の判例やマニュアルに則って過失割合を決めるので、被害者からすると納得できない結果になることもあります。

交通事故の示談交渉を保険会社にしてもらう場合でも、示談交渉内容を理解できて、適切な対応をしてもらっているのか判断できるようにしておくと損をすることはないでしょう。

弁護士との示談交渉

交通事故を起こした相手方が弁護士を立ててきた場合には、こちらも弁護士に依頼するのが最適といえます。

交通事故の示談交渉に強い弁護士だった場合、個人ではもちろん、保険会社でも不利な状況に追いやられてしまうことがあるからです。

有利とまではいかないにしても不利な状況に追いやられないためには、弁護士への依頼は必須といえるかもしれません。

しかし、法律のプロである弁護士とはいえそれぞれ得意な分野、不得意な分野があるのです。
信頼できる弁護士を探すのはもちろんですが、焦ってその分野に明るくない弁護士を選ぶのだけは避けましょう。

また、相手方が信頼できると判断して依頼した弁護士が交通事故の示談交渉が得意ではない場合もあります。そういった時に示談交渉を有利に進められるのは交通事故の対応や示談交渉に慣れた弁護士であるといえます。

TOP