示談交渉

示談金の金額を左右するポイントについて知っておこう!

後遺障害

高額な示談金を受け取りたいと場合、最初に挙げられるのは『後遺障害』ですね。つまり後遺障害の等級認定を受けることが大切ということです。後遺障害とは一体何かというと、交通事故が原因で怪我をしてしまった場合、治療を行なっても完治することが難しく、残ってしまった障害のことを指します。この後遺障害には、1級から14級までが存在します。

後遺障害が認定されると、等級の数字に応じて異なる後遺障害慰謝料とさらに逸失利益と呼ばれるものを相手側に請求することが可能となります。ちなみに後遺障害慰謝料の金額に感じては、等級によって異なるのですが、大体110万円~2,800万円にもなります。非常に高額な金額を受け取ることがもらえます。

さらに逸失利益の金額に関しても、受け取っていた年収が高額であればあるほど、1億円を超えるケースもあるようです。どちらも高額なお金を受け取れる可能性があるものですので、しっかりと請求したいところ。

できるだけ高額な示談金を受け取るためにも、きちんと後遺障害の等級を適切に認定してもらうことが重要です。では、そのためには、どうすれば良いのでしょうか。

医師による判断が大切

適切な等級の後遺障害の認定を受けるためには、どうすれば良いのでしょうか。それは、医師に症状固定したことを認めてもらうことが大切です。当然、それまで治療をしっかりと継続していかなければなりません。そのプロセスを経て、ようやく後遺障害等級認定手続きを行うことができます。

被害者が自分だけでスムーズに後遺障害等級認定請求ができない場合は、やはり弁護士に依頼してサポートしてもらうのが良いですよ。弁護士を介することによって、非常にスムーズに手続きを進めることができます。さらに適切な等級認定も受けやすくなるので、さまざまなメリットはあると言えるでしょう。

また交通事故に強い弁護士がいれば、後遺障害診断書の書き方などもサポートしてくれるケースもあるようです。こういったことを考えると、やはり自分1人で考えるよりも、交通事故に強いプロの弁護士に依頼するのが良いかもしれませんね。

過失割合

先ほどの後遺障害の他にも、示談金の金額を左右する要素はいくつかあります。その中の1つが過失割合です。過失割合というのは、交通事故に遭った当事者のどちらに責任があるのかということを割合で出したものです。

交通事故の示談金を計算する際は、この過失割合が大きく関係してきます。自分の過失割合が大きければ大きいほど、損害賠償金額は減額されてしまいます。ですからできるだけ高額な示談金を請求したいのであれば、この過失割合を少なくすることがポイントです。

被害者本人が対応するのはリスクがある?

ただ過失割合を少なくしたいと思っても、被害者が自分自身で対応する場合、いくつか問題も出てきます。例えば、相手の保険会社が被害者の知識不足につけこんでくる可能性があります。つまりどういうことかというと、過失割合を本来よりも大きめに言ってくる可能性があるというわけです。

被害者側に知識がなければ、その提示された過失割合を相場だと思い込んでしまい、示談に進んでしまうこともあります。そうなってしまうと、当然のことながら損害賠償金額は減額されてしまいます。本来であれば、もっと受け取ることができたところを損してしまうわけですね。

そうならないためには、やっぱり弁護士に相談するのが一番です。弁護士であれば、交通事故はもちろん過失割合などの知識を有しています。つまり過失割合の適切な基準も理解しているということですね。だから足元をすくわれることもありません。相手側が提示した過失割合が不当のものであれば、弁護士がしっかりと教えてくれるので、被害者側が低い過失割合になる結果を避けることができるのです。

TOP