交通事故対応マニュアル

交通事故に遭遇! その時あなたが取るべき行動とは~加害者編~

歩行者と信号

交通事故に遭遇した場合、交通事故の当事者というのは、『加害者』と『被害者』の双方がいます。あなたが加害者なのか被害者なのかによって、取るべき行動は異なってくるでしょう。しかし事故発生時は、冷静さを欠いてしまうこともあるため、加害者・被害者以前に何をどうすればいいのかわからなくなることも珍しくありません。今回は、まず加害者目線から事故発生後に取るべき行動についてまとめてみました。

交通事故加害者側が取るべき行動について

交通事故を起こした時、あなたが加害者側であれば、まず取るべき行動としては、『緊急措置』です。これは、道路交通法第72条1項前段に『緊急措置義務』として3つ定められています。

・車両等の運転の停止
・負傷者の救護措置
・危険防止の措置

また同じく道路交通法第72条1項後段には、『警察への報告義務』も定められています。事故発生時にこれらの項目1つ1つを冷静にこなしていけるかと言うと、おそらくほとんどの人は難しいと思います。それでもこの記事を読んだことを頭の隅に置いておけば、いざという時、冷静に対処できるかもしれません。それぞれの項目について、少しずつ解説していきたいと思います。

車両等の運転の停止

交通事故が発生したら、まず加害者側の運転者(同乗者含む)は、運転を直ちにやめなければなりません。そして被害者自身の状況、被害者の車両の損傷の状態などを確認する義務があります。

直ちに運転をやめると言っても、道路の真ん中で車を停めてはいけません。後続車の迷惑になるだけでなく、二次被害にも繋がりかねません。被害者側とコンタクトを取り合って、道路脇などに車を寄せるようにしましょう。

負傷者の救護措置

交通事故や人身事故が発生した際に一番大切なのは、被害者の状況。軽い怪我程度で済んだのであれば幸いですが、ケースによっては死に至ることも決して珍しい話ではありません。

被害者が負傷している場合は、消防(119番)に連絡しましょう。救急車が到着するまでは、応急処置などに努めましょう。救急車到着までに応急処置をしたことで一命を取り留めたという事例は多く存在します。また被害者によっては、東部や頸部などにダメージを負っている可能性もあります。この場合は、無理に被害者の体を動かそうとするのはかえってリスクを高めます。首に負担をかけないように慎重に安全な場所へと移動させるようにしましょう。

もちろん加害者が1人で全てをこなすのは大変です。同乗者や周囲に協力者がいる場合は、手伝ってもらうように依頼しましょう。

危険防止の措置

交通事故が起こると現場では、大きな混乱を招く可能性が高まります。事故渋滞の発生、脇見運転などの頻発が考えられます。また一般道であれば、歩行者なども現場周辺に集まってくる可能性もあります。

このように混乱した現場では、二次災害が起こるリスクが高まります。後続車両の誘導などを行なって現場から二次災害のリスクを防止する必要があります。

警察への報告義務

交通事故で自分が加害者となった場合は、上記の3つの緊急措置を行う必要があります。緊急措置を終えたら、今度は速やかに警察へと連絡しましょう。近隣に警官もしくは交番があればそこに、そうでなければ110番に連絡します。警察に連絡する場合は、以下4項目を伝えることが法律で定められています。

・交通事故発生日時と場所
・死傷者数と負傷者の怪我の程度
・損壊物と損壊の程度
・その事故に関連する車両の積載物と事故に対して行なった措置

緊急措置義務に違反した場合は罰則がある

これまでお話してきたように交通事故の加害者側は、緊急措置義務として取るべき行動が明確に決まっています。『車両等の運転の停止』、『負傷者の救護措置』、『危険防止の措置』、『警察への報告義務』少なくとも義務としてあるこれらの項目は、冷静に対応できるようにしましょう。

これらの緊急措置は、道路交通法によって課せられた義務です。この義務を果たさずその場を立ち去るなどした場合は、当然『ひき逃げ』と判断されます。違反すれば、道路交通法に基づき、罰則が科せられることになります。

運転手:5年以下の懲役又は50万円以下の罰金
同乗者:1年以下の懲役又は10万円以下の罰金

ただ交通事故の原因が『運転者の運転に起因するもの』だった場合は、罰則が違ってきます。例えば、信号無視やスピード違反などが原因で、運転者の過失運転致死傷や危険運転致死傷に問われる交通事故が発生した場合は、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられることになります。

これらに加えて警察への報告も義務となります。警察へ報告をしなかった場合は、3年以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられることになるので覚えておきましょう。

TOP