交通事故対応マニュアル

交通事故に遭遇!その時あなたが取るべき行動とは~被害者編~

車がぶつかる様子

それでは交通事故に合ったときの被害者側でのとるべき行動についてみていきましょう。
もしあなたが交通事故に遭ってしまった方「被害者」の場合、自分は何もわるくない! と思うことでしょう。しかし交通事故が起こると被害者・加害者共に行わないといけない対応が出てきてしまうのでしっかりと覚えておきましょう。

状況の確認

交通事故の規模にもよるのですが、今回のお話では被害者・加害者両方が身動きのできる程度の事故として話を進めていきます。

交通事故に巻き込まれた際に重要なのが現場の把握です。
事故の被害者側では交通事故の責任を加害者に損害賠償という形で請求することが可能となります。このときに重要になってくるのが、事故が起こった現場の状況なのです。
事故現場の詳細な状況確認が取れなければ、損害賠償請求時に納得のいかない結果が出てしまう可能性もあります。

また、事故直後には警察官は周りにいることはまずありません。
そのときに加害者側との状況確認をある程度しておく必要があるでしょう。
交通事故を起こした加害者だからと言って声を荒げることなく落ちついて話すようにしていきましょう。
このときにも加害者側と険悪な雰囲気になるのも今後のやり取りの支障になるので冷静に対応していきましょう。

状況の確認時に必要なことがもう一つあります。
事故現場にもし人通りがあり、目撃者となる人がいるようなら今後の展開のために目撃者として協力をしてもらえるようにお願いをしておきましょう。

事件や事故といった事柄ではその現場を証言してくれる証人がいることは被害者側、加害者側にとっても大きな存在です。
裁判などにもつれた際に自分の証言を立証してくれる証人がいるという点はてても頼もしいものです。
事故に合った際には周りの状況把握にも努めましょう。

警察を呼ぶ

警察への連絡は交通事故の場合、加害者の義務であります。
しかし、事故を起こした加害者がその場を逃走する可能性や被害者以上に負傷をしてしまっていて連絡ができないという状況も十分に考えられます。
こういったケースも想定して交通事故が起こったら警察への連絡という考えを持っておきましょう。

交通事故を起こした加害者が事故現場から逃走した場合には車のナンバープレートの写真を撮る、記憶するように努めましょう。
もしその場を逃げられてしまったとしても、ナンバーや車種が判明していれば検挙率が大幅に上がります。
日本でのひき逃げ等の検挙率は非常に高く、事故現場を逃走したとしても、後には逮捕されています。

病院へは絶対に行く!

交通事故に遭った場合に最も重要なことは『病院に行くこと』です!
どんなに怪我が大したことでなくても必ず病院には行き診察を受けるようにしましょう。

交通事故のけがはその場でわかるものもあれば、徐々に痛みが発生してくる怪我があります。交通事故に遭ったと病院で告げれば専門的に診察を受けることも可能です。

交通事故の場合、病院の診察はすぐに行くようにしましょう。
その日に診察を受けなくて、後日診で怪我が判明しても損害賠償請求が通らないということになってしまうかもしれないからです。
損害賠償請求にはその怪我が、起こった事故で被った怪我であると完璧に言えなければなりません。時間が経過したことによって事故と怪我の因果関係を追及されることがないように病院にはできるだけ早く行くようにしましょう。

交通事故が発生してから様々な手続きを行うことになります。
その時に渡される証明書や医療機関の診断書、又は領収書といった書類は一括でまとめて保存しておくようにしましょう。これらすべての書類が損害賠償請求で時に請求する金額を決めるものとなってきます。

まとめ

交通事故は起こってしまうと加害者はもちろん被害者も多くの事を知っておかなければ正しく対応していくことができません。
特に被害者となってしまった場合には相手側に対応を要求しなくてはいけない事柄もあるかと思います。
損害賠償請求も今回は簡単に説明をしましたが、実際は【積極的損害】【消極的損害】【慰謝料】【物損】といった要素から詳しく見ていく必要性があります。

交通事故が起こってから請求する期間までにかかった費用はもちろんですが、事故の状況や規模によって説明した4点についても考えておく必要があるのです。

ここまでくるととても専門的なお話とはなってきてしまいますが、交通事故が起こるということが法律的な問題に巻き込まれるということを把握しておきましょう。

交通事故の被害者だからといって必要な知識を持っていない状態では、加害者側に請求できるはずの権利を手放している可能性がありますよ!
交通事故に巻き込まれるという予測は建てることができません・・・・・・
そうなってしまってから調べるのでは遅いので、今からしっかりと知識をつけておきましょう。

TOP